立山黒部アルペンルート    上高地  

立山黒部アルペンルート


富山県立山町の立山駅と、長野県大町市の扇沢駅とを結ぶ大規模な山岳観光ルートです。
途中黒四ダム等の観光名所がいつくもありますが、
今回はその中でも特に行ってみたかった[立山・雪の大谷]部分の写真のみUPしました。


雪壁はこのように切り立ってますまままままままま

ままままままままままま雪壁面のクローズアップ

除雪方法の説明ですまままままままままま



ままままままままこのような説明図も掲載してました

バスの背丈よりも高い雪壁ですままままままままま

あままままままままま立山連峰を望むことができます

上高地

明治年間にイギリス人宣教師ウォルター・ウェストンが[日本アルプスの登山と探検]と題してイギリスで出版した後、
ここ上高地が大フィーバーしたようです。今でも「上高地を“再発見”したウォルター・ウェストン」を記念して、
例年ウェストン祭が開催されているそうですね。

立ち枯れ木々の大正池ままままままままままま

ままままままままままままこちらは明神池への入口

梓川ままままままままままままままま

ままままままままままままま標識群

上高地[再発見]功労者ウエストンさんあままままままま

まままままままままままままま説明文

上高地には野生のおサルさんが沢山生息してましたまままま

まままままままままま木道が良く整備されてます
黒四ダムの巨大さに度肝を抜かれましたが、そのダムを造るための連絡道路、トンネルの険しさにも驚きました。
技術立国日本の先人、これらの工事を完遂した日本人技術者、職人気質に改めて敬意を表したいと思います。
普段は空気と同様の感じで使用している電気や水道の水は、このような先人の必死の努力の結晶なのだ!と強く思いました。
次へ          ホームヘ